記事一覧

写真をとっぱらって

1コの人間として

自分を見つめ直してみたけれど


やっぱり写真と関わって生きたい。

どこかで繋がってるって信じたい。

発信した細い糸を

繋いで

繋いで

紡いで

人の心に

どうか

届きますように。

アウトプット

ひとりではできなくて
ふたりだからできたことがあった

ひとりはどこかの歯車で

ひとりはそこのレバーの部分


ふたりだとまだ足りなくて
たくさんでまた持ち寄って


ネジやらピンやらボルトやら

たとえ小さなパーツでも

僕らはそれを持ち寄って

合わせていけたら

動かせる機械って

きっとあるんじゃないかなあ


きっとその部品を

今日も

誰かがどこかで欲しがっている

プロセス

友達からブログ見たよってメールが来た。

誰かにまだ発信出来る状態じゃないのに自分の考えをまとめたくて、
そして誰かに反応してほしくて書いてた。だから嬉しい。

相談して安心して納得させる事自体恐れてた気がする。
表現する怖さってすごくよくわかる。

でもひとりで悶々としてるよりずっとよかった、前向きに考えることにした。
そして自分の情報をかたよらせてはいけないと思った。

きっとそれぞれの立場で考えている事は皆違う、違っていいよね。
それを私いま共有したいです。

写真をなくして。

田中優さんのブログを読んで
友人が編集した本の著者もその人だったと気づき
ap bankに繋がり
Mr.Childrenの『タガタメ』にたどり着いたところです。
頭ん中ひとりツイッター。


この6日間、テレビやネットで色んな情報を詰め込んで
頭のなかぐるぐるさせて
吐き出す事が
できなかった。

『タガタメ』で
私の心は救われる。
私が救われてどうする。
テレビの向こう側では救わなきゃいけない人たちがいっぱいいんのに。

誰かの為に何かをしたいということそれはエゴで自分の為だ。
誰かと触れ合う事で、私は自分の存在を確かめている。

音楽には人の心を癒す力がある

じゃあ写真はどうなの?

自分のやっていることが急に空しくなってきたんだよ。

被災したおじさんが
亡くなった奥さんのアルバムを探し出してた。

おじさんは

写真だけでも残っていてくれてよかった

と言った。


写真は記憶だ

心の支えとなり糧にしていく写真は

うまくなくったっていい

ただただそこにあなたがいたことの証

できること
探すだけでは終わらないようにしよう
写真をなくして
私という人間は何を行動できるだろうか?

田中優さんのブログ
http://tanakayu.blogspot.com/2011/03/blog-post_15.html

幸せを届けるボランティア不幸を招くボランティア
http://www.amazon.co.jp/%E5%B9%B8%E3%81%9B%E3%82%92%E5%B1%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E3%83%9C%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%80%81%E4%B8%8D%E5%B9%B8%E3%82%92%E6%8B%9B%E3%81%8F%E3%83%9C%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2-14%E6%AD%B3%E3%81%AE%E4%B8%96%E6%B8%A1%E3%82%8A%E8%A1%93-%E7%94%B0%E4%B8%AD-%E5%84%AA/dp/4309616623

春風

ファイル 93-1.jpgファイル 93-2.jpg

雨上がり 

大きく深呼吸をするような風が吹いた

春の匂いが一層濃くなってきたね

あたたかくなってくると
こころがふっと緩む

春を見つけては

にやり。

1/6900000000

NEWS ZEROにFUNKISTがでたー。
ミニアルバムもでたー!!
今回は乙武さんとのコラボ
そしてバックに映写されているのは
友人の平井慶祐の写真たち。
YouTubeはこちら↓

http://www.youtube.com/watch?v=ZJr3IVB1-a8

写真っていうのはどうしてこんなに
『写す人』がでちゃうんだろうねえ。

染谷くんの声とステップが好き。

いちご大福

ファイル 91-1.jpg

毎日とても寒いですが
ちらほら花が咲いているのを見つけて嬉しくなります。

友人からもらった『白あん』があったのでどう使おうか
考えあぐねていたところ、ネットで見つけたいちご大福のレシピ。

白玉粉と砂糖、水を混ぜてレンジに入れて30秒
まぜ...
レンジに入れて
まぜ...
と二回くりかえすと求肥のできあがり。
うそみたいにカンタン。

あんをいちごにくるんで、それにまた求肥をくるみます。

完成!!パチパチ!!!

なんだー!和菓子ってもっと難しいものだと思っていたぞ。

ほれぼれ

ファイル 90-1.jpg

銅でできた
古いミルクパンを
もらいました。

実はひとめぼれでした。
まさかうちにこのこが来てくれるなんて
うれしいです。

ぺろり

ファイル 89-1.jpgファイル 89-2.jpg

今回の帰省で食べた美味しかったもの
『あおぞら銭函3丁目』のジャンボ餃子。
ボリューム、お値段ともに大満足の第一位!!!
キャベツに相当こだわりがあり、手に入らなくて店を閉めた事もあるという
シャキシャキキャベツと肉汁たっぷりのジューシー餃子。
昨日食べたばかりなのにまた食べたいー。
車がないと行くのが困難なのがなあ。また連れて行ってもらおう。

『円山茶寮』のイチゴぜんざい。
ずーとしばらく食べていなかったのだけれど
ずーと恋いこがれてはおりました。
しばらくぶりの再開でしたが
甘さ控えめのあんこと、これでもか!!!と敷き詰められたイチゴのコンフィチュールにやっぱメロメロ。
しかし歳には胃袋がついていかないようで、その下に待ち構えているイチゴアイスを食べきるのにかなり難儀いたしました。
なぜ冬に食べにきちゃったかなあー。でも食べたかったんだもんなーあ。
今度は夏にいくぞう。

雪を踏みしめて


 きしきしと音がする。


ひたすらに
我を忘れて降る雪が好き。

それは静かに ふわり重なる


きーんと耳鳴りがした。

自分がひとりきりになっていく感覚。

自分が自分と向き合うような

そんな感覚。

  designed by : ysht.org  Copyright (C) 2008 mariharada.net. All rights reserved.