記事一覧

ラシーン

入院していた愛車のラシーンくんが帰ってきました〜。

タンクの劣化亀裂によるガソリン漏れという恐ろしいことになっていた
ラシーンくんですが、タンクまるっと取り替えられて帰って来たぞっ。
(うう...出費が...。でも燃えなくてヨカッタ。)

その他、色々と...治療が必要な事が判明。
中古車に乗るというのはこういう事なんですね...。

でももう好きになっちゃったからさ〜。
君がいないとしっくりこないのだ。
最後まで面倒みるよ。
これからもよろしく。

おから

ファイル 118-1.jpg

『おから』をもらったので、炊いてみたんだけど
どうもしっくりこない。
ということで2日目
コロッケにしてみた。
ソースの味で引き締まってうまい。

Pray for

ファイル 117-1.jpgファイル 117-2.jpg

水の速度と彼女の横顔
ろうそくの灯りは
安らぎに似た表情をする

ナムさん

ファイル 116-1.jpgファイル 116-2.jpgファイル 116-3.jpgファイル 116-4.jpgファイル 116-5.jpg

現地ガイドのルンさんの弟。
さっき一緒にイタズラしてたのはこの人。

砂糖をじゃりじゃりに入れた春巻きや
得体の知れないすっぱい実や
とうがらしを人に食べさせて反応を伺うナムさん。

いい歳なのに少年みたい。

ナムさんのバイクの後ろに乗せてもらって
写真を撮りたい私は、少しだけ別ルート。
そしたらアヒルの大行列に出くわした!!!
わーいい。ラッキー!!シャッターチャンス!!


水曜どうでしょうで覚えた『ベトナ〜ムホ〜チミン』のフレーズを歌うと
なんで知ってるんだーカラオケ行くか?カラオケ?と大合唱。

竹でできた橋の渡り方、お祈りのし方、写真の撮り方

カタコトの英語とベトナム語と日本語で
なんであんなにゲラゲラ笑えたんだろ。

言葉が通じない分、他の感覚が敏感。
ウマが合うっていうのは理屈じゃない。

遠い異国にまた逢いに行きたいトモダチがいる。
それはとても素敵なこと。

イタズラ。

ファイル 115-1.jpgファイル 115-2.jpgファイル 115-3.jpgファイル 115-4.jpg

ざぼん大きいねー。お兄ちゃんの顔くらいありますねー。

むきむき。

あれ?この子のサイズにぴったりじゃない?

ぶぶぶーーー!!!ガハハハ

ヤメテヨー!


意外とお気に召したみたい(笑)


ってのをジェスチャーでやってました。
こういうイタズラは万国共通だよね。

いくらですか?

ファイル 114-1.jpg

私が他の国へ行ってまず一番最初に覚えるのが

ありがとう 

こんにちは

そして これいくら?

ダラットの市場の店先で
ずーーっとホコリかぶってたと思われる小皿。
私にとっちゃお宝。
1枚1枚デザインがいびつなところがかわいい。

市場で初めての値段交渉。

私:4枚でいくら?
おばちゃん:100,000ドン
私:高い!
おばちゃん:じゃあ10,000ドン

なっ...、なんで一気にケタがひとつ下がるんだよーっ!!!

4枚で10,000ドンだったのに
おばちゃん全部持ってけと
8枚で15,000ドン。
細かいのが4,000ドンしかなかったので1,000ドンさらにおまけしてもらう。

しめて小皿8枚14,000ドン。
こちらのお値段
ちなみに日本円だと56円です。

おばちゃんにとって利益がでたのか?
表情だけでは読み取れず。
でもなんとなく両者満足...のような気がする...。

ベトナムおかん料理と豆畑見学

ファイル 113-1.jpgファイル 113-2.jpgファイル 113-3.jpgファイル 113-4.jpgファイル 113-5.jpg

べにや長谷川商店さん主催『ベトナムおかん料理と豆畑見学』ツアー。
ご縁があって、このお話をいただいたのは締め切りの一週間前だった。

悪く言うと後先考えない。良く言うと自分にすぐに飛びつく瞬発力があってよかった。

日々盛りだくさんのスケジュール。
地元の市場で買い物、畑を見学し、お母さん達に家庭料理を教わり、観光もはさむ
食べて食べて食べまくる。

大好きなアジアの市場と食卓を満喫。
おなかいっぱいです。

おかえり。

ファイル 112-1.jpg

本日ベトナムから戻りました。

成田空港から外に出ると
梅雨明けた風が吹いてた。

直通バスで眠りこけ
家にたどり着いて冷蔵庫の中に桃を発見
乾いた喉にじゅるりと水分補給
しみるわー。

ばたばたと過ごしたベトナムでの日々をもうなつかしく思ってみたり。

道を教えてくれたあの女の子の眼差し

市場でふっかけてきたおばちゃんのどや顔

げらげら笑ってバイクで寄り道したこと

おごってもらったアイスコーヒーの味

突然あらわれたアヒルの行列

迷子になるかならないかのギリギリの街歩き


本当に良いシャッターチャンスは逃してしまって

その時感じた驚きを追いかけるのが精一杯。

これからも知らない土地で震えたい

そしてまたもう一度逢いたい。

梅の甘露煮

ファイル 111-1.jpg

梅シーズン到来。
冬はきんかんですが。
夏は梅の甘露煮。
うちの鍋は一度煮るのに500㌘が限界
せっせと仕込んでつくっては配り、つくっては配り。
2週間くらいは保つけど
ジャムみたいにもっと保存が効けばいいのになあ。
でも季節の物をその瞬間にいただくってのが楽しいのか。
副産物でできる梅シロップを炭酸で割ると
じめじめした夏も少し爽やかに〜。
これで梅ゼリーも美味しかったけど、かき氷にも合いそうだな〜。

ファイル 110-1.jpg

いつか行きたかった場所にやっと行けました。

ネコバス乗れないと思っていたら、大人用のがあったよ??

歩こう歩こう

迷子になりながら吉祥寺散歩

今度は山歩き

迷子にならないといいですね。

  designed by : ysht.org  Copyright (C) 2008 mariharada.net. All rights reserved.